マンション管理士資格取得

マンション管理士の業務内容


管理者業務

 管理者業務とは、マンションの管理人としての業務を行うことを指し、マンションが新規分譲される場合と既存物件であるかにより、業務に若干の違いがあります。

新規分譲のマンション

 新規分譲にされるマンションの場合、まだ管理組合が設置されていないため、管理者である組合の理事長などが選任されるまでの間に、マンション管理士が暫定的に管理者業務を行います。

 管理組合の設置に際しては、適切に設立・運営がされるように必要な助言を行います。

既存物件のマンション

 既存物件のマンションである場合も、管理組合からの依頼を受けて管理者業務を行う場合があります。

 前述の新規分譲とは異なり、継続的に管理人として業務に付くことになるため、マンション管理士の立場というよりは、当事者の立場になり業務を行うことになります。


就職・転職に役立つマンション管理士資格も通信講座で取得可能です!

マンション管理士資格試験合格!通信講座


高難易度マンション管理士資格も通信講座で試験合格!
TOPページマンション管理士TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
マンション管理士資格取得!試験難易度・通信講座


[PR] 胸が大きくなる方法/ 宅建資格講座/ ニキビケア/