マンション管理士資格取得

マンション管理士の業務内容


顧問業務

 顧問業務とは、マンション管理士と管理組合との間で顧問契約を結び、管理組合運営について継続して助言を行う業務です。

 先にご紹介したとおり、マンション管理士とはマンションに常駐している管理人とは異なるため、長期的に助言を求めたい場合には、契約を締結する必要があります。

 顧問契約の締結にあたっては、まずは業務の範囲について明かにして書面を用いて契約を結び、一般的に契約の範囲は次の通りとなります。

役員、管理会社からの相談への対応
管理会社の月次報告書の精査
理事会、総会への出席
管理組合の運営に必要な文書案の作成
総会議案書案の作成
各種契約の立会い
会計管理補助
管理費等の未収金管理に関する補助
区分所有法第25条に規定する「管理者」の業務
管理会社変更
その他顧問として行う助言・指導


就職・転職に役立つマンション管理士資格も通信講座で取得可能です!

マンション管理士資格試験合格!通信講座


高難易度マンション管理士資格も通信講座で試験合格!
TOPページマンション管理士TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
マンション管理士資格取得!試験難易度・通信講座


[PR] ヒアルロン酸/ 10キロ痩せ/