マンション管理士資格取得

マンション管理士の業務内容


マンション管理士業務の基本

 マンション管理士の業務の詳細は次のページからご紹介しますが、いずれの業務を行ううえで下記の事柄を基本として業務遂行する事が重要であるとされています。

依頼を受けた業務には速やかに着手する。
報酬をしっかり明示する。
依頼者に対しては、必要に応じて経過及び結果を説明や報告する。
依頼を受けた業務の帳簿を備え、業務内容を記載する。
依頼者から物品等を預かった場合は、その取扱に十分注意する
業務の内容に応じて契約書を取り交わし、業務の範囲を明確にする。
依頼者が管理組合等の団体である場合には、理事会等の機関決定に基づいて依頼業務を行う。
補助者を使用する場合には、その指導監督を充分に行う。

 いずれも住民であるマンション居住者へのサービスを念頭に置いたもので、顧客としての対応が求められています。


就職・転職に役立つマンション管理士資格も通信講座で取得可能です!

マンション管理士資格試験合格!通信講座


高難易度マンション管理士資格も通信講座で試験合格!
TOPページマンション管理士TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
マンション管理士資格取得!試験難易度・通信講座


[PR] 中古車査定・買取り/ FX 始め方/