マンション管理士資格取得

試験後の流れ


マンション管理士の登録

 資格試験に合格後は、一定の手続きをとらなければ、資格を取得したことにはならず、まずは登録機関である法務局に「マンション管理士登録申請書」を提出します。

 その際には欠格事項として「成年被後見人又は被保佐人」「禁錮以上の刑に処せられ2年を経過しない者」などの項目があるので、あらかじめよく確認しておきましょう。

 また登録に必要な書類として「マンション管理士登録申請書」「住民票抄本」「登記されていないことの証明書」「本籍地の市区町村の長の証明書」「誓約書」なども用意しておきます。

 上記の書類は法務局か市役所などで用意することになり、登録免許税分の収入印紙は近隣の郵便局で購入しておきましょう。

 なお、合格後に登録までの期間は定められていないため、書類がそろい次第いつでも登録することができます。


就職・転職に役立つマンション管理士資格も通信講座で取得可能です!

マンション管理士資格試験合格!通信講座


高難易度マンション管理士資格も通信講座で試験合格!
TOPページマンション管理士TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
マンション管理士資格取得!試験難易度・通信講座


[PR] 競馬必勝法/ 専門学校/ デカ目カラコン/ ダイエットサプリ/